医師との相性の重要性:SAD(社会不安障害)治療体験記

医師との相性の重要性


社会不安障害(SAD)を治療する際、患者と医師の相性も非常に重要です。

例えば、骨折だったら患者と医師の性格が合わなくても治療にあまり支障はでないでしょう。

しかし、社会不安障害のような「精神的な病」を治療する際は、医師との相性が治療効果を大きく左右します。ゆえに医師との相性は非常に重要だと言えます。

とは言っても、その判断をするのはそんなに難しいことではありません。

一般的に、高圧的かつ一方的に話をするような医師は社会不安障害の患者とは相性が悪く、反対に患者の話をじっくりと聞いてくれ、受け入れてくれる医師とは相性が良いです。

また、薬の効果や副作用について丁寧に説明してくれる医師も信頼がおけるでしょう。

もし、どうしても相性が悪いと感じたり、薬の副作用を訴えても治療方針を変えてくれないような医師だと感じたら、無理に受診を続けずに治療する医院を変えることも検討してみましょう。

医師との信頼関係はとても大事です。初診の時に「この人とは相性が良くないな」と感じたら、あせらずにその医院で治療を続けるかどうかじっくりと考えてみましょう。


医師との対話の重要性



もしあなたが「この医院で社会不安障害の治療を続けよう」と決めたのであれば、医師との対話を大切にしてください。

医師の方もプロですから、社会不安障害の症状がどんなものか十分に知っていますし、薬の効果があらわれにくかったり、副作用が強く出る場合などはそのことを伝えると臨機応変に治療方針を変えてくれます。

恥ずかしがらずに、今回は「こういうことがありました」ということを率直に話しましょう。事前に伝えたいことを紙に書いておいて、診察時にそれを見ながら話すのも良いと思います。

私の場合は診察時に予め伝えたいことを考えておいてから診察に臨みます。伝えたいことが多いときは必ず紙に書きまとめておいて、それをみながら話すようにしています。

「社会不安障害は医師と二人三脚で治療を進めるものである」という言葉を忘れないでください。



当サイトおすすめSAD最短克服法!




SAD(社会不安障害)を治すのには「不安障害克服マニュアル」が便利です。

わずか5分でトラウマ・恐怖症が改善できる恐怖症改善マニュアルならば薬だけにお金をかけずにトラウマ、恐怖症、不安障害を克服することができます。

ぜひ参考にしてみましょう。